愛知県名古屋市中区伏見駅徒歩1分にある月極会員制レンタル自習室「@Space アットスペース」です。ビジネス・試験勉強など個人スペースを確保できます。

MENU

7月8日(月) おすすめ本② 歴史小説

おすすめ本、2回目は歴史小説の大御所、司馬遼太郎さんです。

8冊(全32巻)読み、どれも面白いですが、1番のお気に入りは”坂の上の雲”(全8巻)です。

作品名が表すように、明治後期、雲の上のような存在である欧米列強に追いつき追い越すべく、坂を駆け上がるように奮闘する3人の男たちの物語です。

歴史的にはマイナーですが、日本陸軍の騎兵部隊の創始者である秋山好古、その弟で日本海軍における海戦戦術の創始者である秋山真之、そして真之の親友であり明治文学史に大きな足跡を残した俳人正岡子規の3人の生涯が、日露戦争の勝利まで感動的に描かれています。

私はもともと歴史小説はちょっと難解だし、それぞれ話が長い印象があり、敬遠してきた分野でした。

それが約5年前に司馬遼太郎さんの”国盗り物語”(全4巻)を読み、思いっきりはまってしまいました。

全4巻という長い話もあっという間でした。

”国盗り物語”は前2巻で斎藤道山、後2巻で織田信長の生涯を主に描いていますが、その2人をつなぐ明智光秀の生涯が全巻に描かれ実に興味深く読めます。

来年の大河ドラマに明智光秀(タイトルは”麒麟がくる”)が決定しており、今から楽しみです。

上記以外にも、好きな順に、”燃えよ剣”(主人公は土方歳三)、”義経”(全2巻、源義経)、関ケ原”(全3巻、石田三成)、”宮本武蔵”、”花神”(全3巻、大村益次郎))、”翔ぶが如く”(全10巻、西郷隆盛)です。

坂本龍馬の話は別小説で読んだため、未だ”竜馬がゆく”(全8巻、坂本龍馬)は読んでいませんが、それも含め、今後も、司馬遼太郎さんの別作品を読み続けていきたいと思っています。

私と同じように、歴史小説はちょっと難解だし話が長い印象があり敬遠されている方が多いと思いますが、”燃えよ剣”(土方歳三)など1巻だけですし、思い切って読んでみませんか?

視野が広がり仕事にも少しは生きると思います。

 

 

 

2019/07/08 | 経営者ブログ , 趣味

月極会員制レンタル自習室「@Space アットスペース」
店長兼運営管理者の林 健之です。
よろしくお願いいたします。

Informationご案内

@Space アットスペース
〒460-0003
愛知県名古屋市
中区錦2丁目16番5号
セントレイクレノン 錦ビル2F・3F

MAIL:atspace@kycorp.jp

営業時間
平日
06:00~24:00
休日
09:00~24:00
  • 経営者ブログ
↑ PAGETOP