愛知県名古屋市中区伏見駅徒歩1分にある月極会員制レンタル自習室「@Space アットスペース」です。ビジネス・試験勉強など個人スペースを確保できます。

MENU

7月25日(木) 朝食は抜いていい?!そして運動しよう!

人間は動いた分だけしか食べちゃダメだそうです。

これは私がときどき通っている整体の先生が言っている言葉なので本当のことだし理屈にも合っています。

だから大半の大人は食べ過ぎなのです。

子供はいっぱい動くからその分食べていいそうです。

母親に”ちょっとはじっとしていなさい!”と怒られたら、”俺はマグロだから無理だ!”と言い返している、常に動き続けている我が家の小学5年生の次男などは、どんどん食べればいいのです。

ちなみに、本で読んで知っていた次男に私は教えられましたが、マグロという魚は、動き(泳ぎ)続けていないと呼吸が出来なくなり死んでしまうそうです。

では大人ですが、そんなことは言っても食の楽しみを奪われるぐらいなら死んだ方がいいとおっしゃる方、仕事がら夕食を軽くは出来ない方も多いと思います。

かくいう私も、営業職をしていたサラリーマン時代、お客様か同僚と毎晩のように飲み歩きぶくぶく太ってしまい、その悪循環で腰痛が酷くなり、その影響で肩こりも酷くなってしまいました。

そんなとき、”朝食を抜くと健康になる”(石原結實著)という本に出会い、それまで朝食は絶対食べなくちゃだめだと思っていたポリシーを180度変えたのです。

朝食は絶対食べなさいって書いてある本もあるので、どちらが正しいか判りませんが、こうだといった固定観念にとらわれず、それぞれいろいろなスタイルを試してみて、結果自分に良い方に変えていけば良いのではないかと私は思います。

だからサラリーマンの方で夕食は接待等で絶対抜けないし軽くも出来ない方は、朝食を抜けばいいし昼食も軽くすればいいと思います。

朝食を抜き出すと最初は午前中に少しフラフラしますが、人間の体は良く出来ているんです。

だんだん慣れてなんともなくなりますからご心配なく。

そして運動もしましょう!

私も8年前に朝食を抜くと同時にジム通いを始めた結果、半年ほどで体重ももとに戻り、腰痛、肩こりも改善しました。

別に必ずジムに行って運動する必要はないと思います。

通勤時、1駅分歩いたり、朝や夜に近所を散歩したりして始め、これも自分に合ったスタイルで運動を継続していけばいいと思います。

運動した分だけおいしいものを食べて言いわけですから、食いしん坊の方こそ、運動すべきですね。

運動も勉強と同じで継続は力なりです。

2019/07/25 | プライベート , 経営者ブログ

7月24日(水) おすすめ本④ スポーツ感動小説

おすすめ本、第4回目はスポーツ感動小説です。

飛騨俊吾さんの”エンジェルボール”(全4巻)です。

野球好きで息子さんがいるお父さん、この小説は超超おすすめです。

でも野球好きでなくても又娘さんしかいなくても、又独身の方でもこの本は感動すると思います。

広島カープを舞台とする物語であり、主人公は広島で息子2人と暮らすバツイチのトラック運転手。

交通事故をきっかけに謎の天使から”思いのままに飛んでいく魔球”を授かり、広島カープの守護神となる話です。

広島カープの守護神としての苦悩や野球愛、魔球の秘密、別れた奥様を含めて特に父と子の家族愛が全編に描かれています。

もちろん野球の話は多いですが、この小説は単なるスポーツ小説ではありません。

野球の話と同じくらい主人公の家族の話も多く、家族愛をテーマとした、特に父と子の感動的な物語です。

私も年のせいか年々涙腺が弱くなっており、本を読んでこんなに泣いてしまったのは初めてです。

ちなみに広島カープの話ですが、私のように中日ドランゴンズファンでも問題なく楽しめます。

仕事や勉強もいいですが、ときどき息抜きしないと続かないし効率も上がらないと思います。

そんなときには是非!

 

 

 

 

 

2019/07/24 | 経営者ブログ , 趣味

7月18日(木) 勉強していればチャンスに気付く

仕事で成功したい、お金持ちになりたい、チャンスをものにしたい、少なくともそう思っている人はもっと勉強すべきだと思います。

一生の中で誰にでもチャンスはやってくると言われています。

でも勉強していない人は知識がないため、チャンスが目の前にやってきても、それがチャンスかどうか判らないため、チャンスは通りすぎるのです。

少し勉強している人は少し知識があるので、目の前にやってきたチャンスに気付きます。

でもどうしたら良いかが判らないため、そのチャンスを取り逃がしてしまいます。

常に勉強している人は知識が豊富なため、目の前にやってきたチャンスをどう生かしたら良いか知っているため、そのチャンスをものに出来ます。

勉強にもいろいろあります。

難しいことをいっぱい長い時間やれば良いというわけではないと思います。

本を読むのだって勉強の1つだと思います。

何か習い事をするのだって勉強の1つです。

少しずつ出来ることから始めていけば、いろいろ興味が湧いていき、勉強が継続出来ると思います。

そうすれば仮に1回目のチャンスを取り逃がしても、2回目以降のチャンスはものに出来ると思います。

 

 

 

 

 

2019/07/18 | 仕事 , 未分類 , 経営者ブログ

7月17日(水) おすすめ本③ ミステリー小説

おすすめ本、第3回目はミステリー小説です。

ミステリーは昔から大好きな分野であり、よって好きな作家はこの分野がいちばん多いと思います。

その中で、最近好きになった作家、辻村深月さんです。

2012年に直木賞を受賞、更に2018年に”かがみの孤城”で本屋大賞を受賞して一躍有名になった作家さんであり、そして今回のおすすめ作品は、”スロウハイツの神様”(全2巻)です。

昨年末、本屋の小説コーナーの1番前に山積みになっていたからというだけで何の気なしに手に取った”かがみの孤城”がとても面白く、彼女の他作品が読みたくなって面白くて感激した作品がこれです。

彼女の作品のすごいところは、話の途中にいろいろ伏線を張っていき、最終章でその謎を解いていくというものです。

最終章では驚きの連続であり、本当にうまく考えてある作品です。

”スロウハイツの神様”は、主人公である女性脚本家がオーナーであるスロウハイツという名前のシェアハウスで繰り広げられる男女7、8人の物語です。

もう本当にイッキ読みで、最終章は謎解きと涙が入り混じる内容でした。

彼女はこれ以外にもいろいろな作品を書いており、今後他作品を読むのが楽しみです。

2019/07/17 | 経営者ブログ , 趣味

7月12日(金) 電子立国のエストニアは素晴らしい

本日の日経新聞に、電子立国を果たした欧州のエストニアの好例が書かれていました。

バルト海に面した人口約130万人の小国のエストニアは、あらゆる行政手続きを電子化し、世界で最も進んだ電子政府を実現したとして世界で注目を集めています。

エストニアでは全国民にID番号とIDチップを組み合わせた国民IDカードが配られているが、そのカードは運転免許証、健康保険証、EU域内でのパスポートなどを兼ねており、大半の行政手続きは24時間、インターネットで完了するのだ。

オンラインの送金サービスは国民の99%が利用し、選挙でも電子投票した有権者は44%に上るという。

又、医療分野でも、カルテの電子化や遠隔診療などのシステムも利便性が高く、患者はいつでも自分のカルテを電子上で閲覧出来るようだ。

なんて利便性が高く優れて素晴らしい国なんだ!

旧ソ連から独立した1991年以降、小国だからこそ危機意識を持ち、デジタル分野を重視して行政や金融などデジタル化を進めてきたようである。

先見性があり、かつ行動力があり、方針がぶれていない。

まさに成功するための鉄則であり現に成功するはずである。

電子立国のエストニアのことは知っていましたが、改めて同国の現況を知ると、あまりにも日本が遅れすぎでいて悲しくなってきました。

翻って日本は、エストニアと同じように全国民にID番号を割り当てマイナンバー通知証を配ったが、マイナンバーカードの普及率はあまりに寂しい約13%だそうだ。

日本でマイナンバーカードを持ったって何にも便利じゃないからである。

財布の中に免許証と健康保険証と更に何の利便性もないマイナンバーカードを入れますか?

これがエストニアのように全て一緒になり1枚で済み利便性が高いなら、日本だって全国民こぞってマイナンバーカードを取得するでしょう。

選挙でも若者の投票率を上げたいと言っているのだから、早く電子投票にするべきである。

高齢者や入院患者だって自宅や病院で投票したいはずである。

医療分野だって、日本の今の遠隔診療なんて、あまりにも遅れすぎていて先々不安である。

お薬手帳だって、あんな手帳持ち歩いている人いますか?

電子化しているのは大手ドラッグストア併設薬局だけである。

早く全病院のカルテを電子化してスマホで確認出来るようにすべきだと思います。

医療の問題は、本日の1面にも、”市販薬あるのに病院処方5,000億円”と書かれていました。

湿布薬や鼻炎薬にも保険が適用されており、湿布薬は市販だと598円するのに病院だと105円、鼻炎薬だと1,590円が482円だそうです。

それだけ病院が安ければみんな市販で買わずに病院で処方してもらいますね。

国の医療費が増加しており予算が足りないといわれているのにこの状況です。

もっと必要な薬に国の医療費は回されるべきだと思います。

これについても好例としてフランスが挙げられています。

フランスは、薬の重要性に応じて自己負担率をゼロから100%まで5段階に分け、抗がん剤など代えのきかない薬は全額を公費で賄い、市販薬がある薬の自己負担を重くしているのである。

良いシステムではないか。

こうすれば、現在日本で問題となっている、必要性が薄い通院を繰り返し、病院にあふれかえっている高齢者などに自制を促すことが出来るため、同時にこの問題も解決出来そうである。

小国だから出来ることもある。

でもアメリカにだって、中国にだって、いろいろな面で日本は遅れている。

好例は世界中にいっぱいある。

 

 

 

2019/07/12 | 時事 , 経営者ブログ

月極会員制レンタル自習室「@Space アットスペース」
店長兼運営管理者の林 健之です。
よろしくお願いいたします。

Informationご案内

@Space アットスペース
〒460-0003
愛知県名古屋市
中区錦2丁目16番5号
セントレイクレノン 錦ビル2F・3F

MAIL:atspace@kycorp.jp

営業時間
平日
08:00~24:00
休日
09:00~24:00
  • 経営者ブログ
↑ PAGETOP