愛知県名古屋市中区伏見駅徒歩1分にある月極会員制レンタル自習室「@Space アットスペース」です。ビジネス・試験勉強など個人スペースを確保できます。

MENU

7月12日(金) 電子立国のエストニアは素晴らしい

本日の日経新聞に、電子立国を果たした欧州のエストニアの好例が書かれていました。

バルト海に面した人口約130万人の小国のエストニアは、あらゆる行政手続きを電子化し、世界で最も進んだ電子政府を実現したとして世界で注目を集めています。

エストニアでは全国民にID番号とIDチップを組み合わせた国民IDカードが配られているが、そのカードは運転免許証、健康保険証、EU域内でのパスポートなどを兼ねており、大半の行政手続きは24時間、インターネットで完了するのだ。

オンラインの送金サービスは国民の99%が利用し、選挙でも電子投票した有権者は44%に上るという。

又、医療分野でも、カルテの電子化や遠隔診療などのシステムも利便性が高く、患者はいつでも自分のカルテを電子上で閲覧出来るようだ。

なんて利便性が高く優れて素晴らしい国なんだ!

旧ソ連から独立した1991年以降、小国だからこそ危機意識を持ち、デジタル分野を重視して行政や金融などデジタル化を進めてきたようである。

先見性があり、かつ行動力があり、方針がぶれていない。

まさに成功するための鉄則であり現に成功するはずである。

電子立国のエストニアのことは知っていましたが、改めて同国の現況を知ると、あまりにも日本が遅れすぎでいて悲しくなってきました。

翻って日本は、エストニアと同じように全国民にID番号を割り当てマイナンバー通知証を配ったが、マイナンバーカードの普及率はあまりに寂しい約13%だそうだ。

日本でマイナンバーカードを持ったって何にも便利じゃないからである。

財布の中に免許証と健康保険証と更に何の利便性もないマイナンバーカードを入れますか?

これがエストニアのように全て一緒になり1枚で済み利便性が高いなら、日本だって全国民こぞってマイナンバーカードを取得するでしょう。

選挙でも若者の投票率を上げたいと言っているのだから、早く電子投票にするべきである。

高齢者や入院患者だって自宅や病院で投票したいはずである。

医療分野だって、日本の今の遠隔診療なんて、あまりにも遅れすぎていて先々不安である。

お薬手帳だって、あんな手帳持ち歩いている人いますか?

電子化しているのは大手ドラッグストア併設薬局だけである。

早く全病院のカルテを電子化してスマホで確認出来るようにすべきだと思います。

医療の問題は、本日の1面にも、”市販薬あるのに病院処方5,000億円”と書かれていました。

湿布薬や鼻炎薬にも保険が適用されており、湿布薬は市販だと598円するのに病院だと105円、鼻炎薬だと1,590円が482円だそうです。

それだけ病院が安ければみんな市販で買わずに病院で処方してもらいますね。

国の医療費が増加しており予算が足りないといわれているのにこの状況です。

もっと必要な薬に国の医療費は回されるべきだと思います。

これについても好例としてフランスが挙げられています。

フランスは、薬の重要性に応じて自己負担率をゼロから100%まで5段階に分け、抗がん剤など代えのきかない薬は全額を公費で賄い、市販薬がある薬の自己負担を重くしているのである。

良いシステムではないか。

こうすれば、現在日本で問題となっている、必要性が薄い通院を繰り返し、病院にあふれかえっている高齢者などに自制を促すことが出来るため、同時にこの問題も解決出来そうである。

小国だから出来ることもある。

でもアメリカにだって、中国にだって、いろいろな面で日本は遅れている。

好例は世界中にいっぱいある。

 

 

 

2019/07/12 | 時事 , 経営者ブログ

7月11日(木) 10月から実質3%値下げ!キャッシュレス決済ポイント還元

いよいよ10月から消費税が10%に増額されます。

8%から10%への増税、消費者からすると2%値上げされるのと同じです。

一方で、日本国政府はこの消費税増税に合わせて、クレジットカードカード、電子マネー等のキャッシュレス決済を利用した消費者に対し、購入額の5%をポイントやキャッシュバックで還元する施策を打ち出しております。

これはいい!!

実質3%の値下げじゃないか?

キャッシュレス派の私としては、すぐにアットスペースも対応しなくちゃいけないと思いました。

そのためには、アットスペースもキャッシュレス・消費者還元事業者とならなくてはなりません。

そう思ったら、すぐ行動を起こさなくてはなりません。

アットスペースではクレジットカードや電子マネー決済に対応しており、コイニー(Coiney)という会社の端末システムを利用しているため、早速、同社経由でその事業者となるべく申請しました。

どうも申請すれば自動的に還元事業者となれるわけではなく、政府の執行団体が審査するようです。

早めに申請しておいてよかったです。

ギリギリだったら、審査に時間がかかって10月1日に間に合わないに決まっています。

とにかく審査結果を待つしかないです。

アットスペースが審査に通ったら、すぐお知らせします。

皆さん!!この機会にキャッシュレスで決済して、是非アットスペースを利用して下さい。

お待ちしております。

ちょっと先走っていますね。

申し訳ありません。

10月からの話です。

 

 

 

 

2019/07/11 | アットスペース , 経営者ブログ

7月8日(月) おすすめ本② 歴史小説

おすすめ本、2回目は歴史小説の大御所、司馬遼太郎さんです。

8冊(全32巻)読み、どれも面白いですが、1番のお気に入りは”坂の上の雲”(全8巻)です。

作品名が表すように、明治後期、雲の上のような存在である欧米列強に追いつき追い越すべく、坂を駆け上がるように奮闘する3人の男たちの物語です。

歴史的にはマイナーですが、日本陸軍の騎兵部隊の創始者である秋山好古、その弟で日本海軍における海戦戦術の創始者である秋山真之、そして真之の親友であり明治文学史に大きな足跡を残した俳人正岡子規の3人の生涯が、日露戦争の勝利まで感動的に描かれています。

私はもともと歴史小説はちょっと難解だし、それぞれ話が長い印象があり、敬遠してきた分野でした。

それが約5年前に司馬遼太郎さんの”国盗り物語”(全4巻)を読み、思いっきりはまってしまいました。

全4巻という長い話もあっという間でした。

”国盗り物語”は前2巻で斎藤道山、後2巻で織田信長の生涯を主に描いていますが、その2人をつなぐ明智光秀の生涯が全巻に描かれ実に興味深く読めます。

来年の大河ドラマに明智光秀(タイトルは”麒麟がくる”)が決定しており、今から楽しみです。

上記以外にも、好きな順に、”燃えよ剣”(主人公は土方歳三)、”義経”(全2巻、源義経)、関ケ原”(全3巻、石田三成)、”宮本武蔵”、”花神”(全3巻、大村益次郎))、”翔ぶが如く”(全10巻、西郷隆盛)です。

坂本龍馬の話は別小説で読んだため、未だ”竜馬がゆく”(全8巻、坂本龍馬)は読んでいませんが、それも含め、今後も、司馬遼太郎さんの別作品を読み続けていきたいと思っています。

私と同じように、歴史小説はちょっと難解だし話が長い印象があり敬遠されている方が多いと思いますが、”燃えよ剣”(土方歳三)など1巻だけですし、思い切って読んでみませんか?

視野が広がり仕事にも少しは生きると思います。

 

 

 

2019/07/08 | 経営者ブログ , 趣味

7月5日(金) 必要な能力3つ

今の時代もそうですが、これからの時代は特に次の3つの能力が必要になると私は思います。

①語学力

②インターネット力

③金融ファイナンス力

まず最初に語学力ですが、もちろん英語はこれから必須になっていきます。

これからのグローバルな世界の中で生き抜くには英語が話せないとどうにもなりません。

楽天のように社内公用語が英語の会社もありますし、外国の大きな会社がこれからもどんどん日本に法人を作っていくと思いますし、外国人が上司という方も増えていくでしょう。

他人と差別化を図るという意味では英語ともう1つ外国語が話せるとなおいいと思います。

メジャーな中国語、ドイツ語、フランス語のどれでもいいと思いますし、話せる方が少ない言語ですと自分のすごい武器になるのではないでしょうか。

小池百合子東京都知事は、単身エジプト・カイロ大学に行き、日本で話せる方がほとんどいなかったアラビア語を学び、日本に帰ってからそれを武器に人生を切り開いた方です。

アラビア語通訳者からニュースキャスターを経て政界に転身されたのです。

次にインターネット力ですが、プログラミングなどインターネット関連能力もこれから必須となっていきます。

特にサイバーセキュリティ技術者、コンピューターサイエンス技術者、AI技術者、システムエンジニア等の人材は今後不足することが目に見えているそうです。

最後に金融ファイナンス力ですが、これは自分が生きていく上で知っておいたほうが間違いなく有利です。

英語やプログラミングについては、日本もその必要性にやっと気づいたのか、小学生に必修科目化していくようですが、金融に関する知識は、高校生に至るまでほとんど学ぶ場がないのが現状です。

社会人になると、すぐに自分の銀行口座も作りますし、生命保険、自動車保険に入る方も多いと思います。

結婚すれば、住宅購入など不動産の知識も必要ですし、銀行ローンの知識、税の知識など、お金にまつわる知識は知っておいて間違いなく損ではありません。

今後、社会保険だって期待できないと予測できますし、自分で資産を守るために若いうちから運用もしていったほうがいいと思います。

是非、若いうちから上記能力を習得するため勉強してください。

40代、50代でも未だ遅くありません。

同じ年代として、お互い頑張って勉強しましょう!

そのときは是非、レンタル自習室@Spaceアットスペースを利用してください。

 

 

2019/07/05 | 仕事 , 経営者ブログ

7月4日(木) 野球観戦

野球観戦も私の趣味の1つです。

名古屋で生まれ物心ついたときから現在まで40年以上、中日ドラゴンズの大ファンです。

東京や京都に長く住みましたが、これだけどうにも変わりません。

今日の試合がどうなっているか気になり、よくスマホで途中経過を見ています。

なのでテレビでよく観戦します。

又、息子2人とナゴヤドームに行くのがとても楽しみです。

最近は高校生の長男が忙しいらしく、もっぱら小学5年生の次男と行っています。

長男に比べ次男のほうが大のドラゴンズファンでライトの外野応援席に行きたがるほどです。

私が野球が好きだからといって特に誘導したわけではありませんが、2人とも野球好きで、長男は高校の軟式野球部(中学も軟式野球部)、次男は少年野球チームに入り頑張っています。

なので息子たちの野球の試合もよく観戦しに行きます。

特に次男の少年野球チームは親の手伝いありきなので(どこの少年野球チームも同じだと思いますが)、試合場所への車の送迎やら試合の塁審やらの協力が必要となるため、ときどき試合の塁審もやっています。

次男のポジションはキャッチャーなので、一挙手一投足をガン見してしまい、3塁塁審をやっているときに2塁ランナーが盗塁してきたのに目の前に来るまで気づかなかった、なんてのもありました。

そのときは余裕でセーフだったので、事なきをえましたけど。

というわけで、ドラゴンズの試合観戦、息子たちの試合観戦、私にとっては、とても楽しい時間です。

 

 

 

2019/07/04 | 経営者ブログ , 趣味

月極会員制レンタル自習室「@Space アットスペース」
店長兼運営管理者の林 健之です。
よろしくお願いいたします。

Informationご案内

@Space アットスペース
〒460-0003
愛知県名古屋市
中区錦2丁目16番5号
セントレイクレノン 錦ビル2F・3F

MAIL:atspace@kycorp.jp

営業時間
平日
08:00~24:00
休日
09:00~24:00
  • 経営者ブログ
↑ PAGETOP